赤ちゃんの便秘悩みもしっかり改善 ~ すくすくBabyライフ ~

家族

飲料に気を使う

母乳だけじゃない

水

身体の作りが未発達な赤ちゃんは、常に健康状態に気を使ってあげることが必要になります。健康状態には便秘だけでなく飲み水にも気を使う必要があります。赤ちゃんは成長していくと食事が変わってきます。母乳から離乳食に変わった際には、摂取する水分が少なくなってしまうので飲み水はどのように与えたほうが良いのか疑問が出てきます。実は赤ちゃんは離乳食を食べ始めるようになる生後5ヶ月または6ヶ月ころまでは、まだ母乳やミルクだけでも大丈夫なのです。しかし、新生児と呼ばれている時期が過ぎた生後3ヶ月以降であれば、水を与えても問題はありません。と言っても、水をメインにするのではなく、あくまで補助的な飲み物ということで水を与えることになります。水を与えすぎてしまうと栄養失調になる恐れがありますので、適度に水を与えると良いでしょう。最初は20ミリリットルくらいの少量から飲ませ、冷水ではなく常温かぬるめの白湯にすることです。

ちゃんとしたものを選ぶ

生後3ヶ月から水が飲めるようになると言っても、赤ちゃんの腸内環境はまだ未発達です。そのため、水はただ飲ませておけばいいということでもありません。赤ちゃんは水に含まれているミネラルの消化吸収が出来ません。そのため、ミネラルが多い硬水は避けて軟水を与えた方が良いでしょう。ペットボトルの軟水を購入することで解決出来るとは思いますが、中には加熱殺菌がされていない水もありますので、与える前には煮沸消毒をやっておいたほうが良いでしょう。ですが今では赤ちゃん専用の飲み水が販売されているので、それを利用しておくことが勧められています。